研修制度

研修体制

 新入社員教育は、1ヶ月間の集合教育後、OJTを中心とした教育を実施します。
 OJTは、各プロジェクトへ新入社員を配属しプロジェクトリーダーの責任下でシステム開発の実作業を行って頂き、開発手法、開発言語、業務知識を学んで頂きます。
 当社は大学や大学の学部・学科を限定していないため、現時点でコンピュータの専門知識の有無を考慮し、長期間の集合教育より、効率的な個別教育ができるOJT教育を実施しています。

Top

研修内容

研修の流れ

新人研修→OJT→プログラマ

入社前研修

入社前研修は特に実施していません。

新人研修

社会人としてのマナー

当社の品質管理及び情報セキュリティ管理について

システム構築の品質・サービスの品質維持

情報セキュリティ管理・情報管理責任

専門教育

開発手法の教育:
プロジェクトの開始、設計及び製造の各プロセス、プロジェクトの完了
開発言語の教育:
Java、.Net、COBOL
その他の教育:
データベース教育、ネットワーク教育、プロジェクト管理教育、コミュニケーション教育、運用管理、etc

OJT

 具体的な仕事を通じて、仕事に必要な知識・技術・技能・態度などを、意図的・計画的・継続的に指導し、修得させることによって、全体的なシステム開発業務能力や力量を育成します。
 当社では、プロジェクトに配属された新入社員は、プロジェクトリーダー下で開発作業を行います。新入社員のコンピュータに対する専門知識レベルを考慮し具体的な作業を指示します。
 作業指示ではある程度、専門知識を有していると判断された新入社員は知識を生かした指示がプロジェクトリーダーから出されます。また、専門知識教育が必要な新入社員はプロジェクトリーダーが中心となりプロジェクトチームが責任を持って効率的な知識習得と人材育成を短時間に行いますので、専門知識の有無のハンディキャップを発生させない教育を行い、将来的に業務知識を中心にシステムを理解し顧客ニーズを引き出せるコミュニケーション能力や問題解決能力を持つSEを目指すことが可能です。

Top